インプラント・義歯

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントはチタン製の歯根です。むし歯や歯周病で歯を失った部分の顎の骨に穴をあけて人工歯根を埋め込む手術を行い、術後に人工歯を取り付けて歯の機能を回復するのがインプラント治療です。
顎の骨に直接埋まっているので、見た目は天然の歯と非常に近く、残っている周りの歯に負担をかけないという長所があります。
当院では人工歯根を入れるための顎の骨の量が少ない方には、インプラント治療前に顎の骨を増やす再生治療も行っております。

インプラント治療のメリット

  1. ブリッジの場合は隣の歯を支えにするために、健康な歯を削ることもありますが、インプラントなら歯を失った場所に人工歯根を埋めるので、ほかの歯を削ったりしません。
  2. 部分義歯の場合は固定するために、隣の歯に金具などをかけ負担をかけてしまいますが、インプラントは人工歯根に人工歯を被せますので、部分義歯のような異物感はなく、ほかの歯に負担をかけません。
  3. すべての歯が無い方が使う総義歯は適切な調整がされていないと、ずれる・食事や会話がし難い、などの不便がありますが、インプラントはご自分の歯のように咬んだり話したりできます。

関根歯科のインプラント治療について

精度の高いインプラント治療をご提供
インプラント治療は顎の骨に穴をあけて人工歯根を埋め込むため、精密な診断と高度な医療技術が必要です。当院では、患者さんとカウンセリングを行った後、診断のためにCTを撮影いたします。CTの画像を用いて患者さんの顎の骨の状態を精密検査し、診断します。
また手術の際には「サージカルガイド」という器具を使いますので、埋め込む位置や顎の骨に対する角度や深さなどが正確です。
当院では手術の前の準備を万全に整えて、スピーディで確実な手術を行い、患者さんに安心して治療を受けて頂けるようにしています。

インプラント治療ができるか心配な方へ

  • 当院では、顎の骨が足りなくてインプラントをあきらめていた方でも、サイナスリフト、GBR法、といった再生治療を行い、インプラント手術の可能性を広げます。
  • 手術の痛みや恐怖心が強い方には、点滴による麻酔「静脈内鎮静法」を使用します。意識はあるものの、半分眠っているような心地よい感覚で安静に手術を受けられます。

インプラント治療の流れ

First Step

カウンセリング・レントゲン、CT撮影・診断・サージカルガイドの準備  

一次手術
(局所麻酔を行い、インプラントを顎の骨に埋め込みます)

治癒期間
(インプラントと顎の骨が結合するまで治癒期間を設けます。3~6カ月)

Second Step

二次手術
(顎の骨と結合したインプラントの上に、接続部をつけるための手術をします)

人工歯作製
(二次手術後、歯肉が治ったら歯型を採り、人工歯を作って取り付けます)

Final Step

メインテナンス
(インプラントのかみ合わせや、冠に傷が入っていないか?ブラッシングはできているか?歯周病になっていないか?など、チェックします。インプラントを良好に維持するために、治療後は必ず定期健診を受けてください。)

インプラント治療 よくある質問と回答

Q3.インプラント治療はどんな人でも受けられますか?

顎の骨の成長が終了した方であれば、どなたでも治療可能です。
ただし、お口の中以外に病気を患っている方は手術ができない場合もあります。
当院では事前の準備で患者さんのことを把握し、インプラント治療の適性を 判断しています。

Q5.痛みはありませんか?

手術の際には麻酔をしますので、痛みはありません。
また、お帰りの際に痛み止めや抗生物質・消毒用うがい薬などを処方しますので、術後もこちらの指定通り薬を飲んで頂き、注意事項を守って頂ければ大丈夫です。

Q1.あごの骨がなくてもインプラント治療ができますか?

当院では顎の骨を増やす再生治療も行っています。ご相談ください。

Q2.とても怖がりで手術が心配です

当院では恐怖心が強い患者さんには点滴による麻酔「静脈内鎮静法」を行っています。
この麻酔方法は患者さんの意識はあるものの、半分眠っているような心地よい感覚で安静に手術を受けられます。

Q4.手術後のケア方法は?

特別なことは必要ありません。他の歯と同じように毎日丁寧なブラッシングをし、定期検診を必ず受けて下さい。ケアを怠ると、歯周病になることがあります。

関根歯科の義歯治療

今お使いの義歯が合わず、お困りの方はぜひご相談ください。当院では保険治療・自費治療を問わず、患者さんにぴったりで快適な義歯をご提案します。また、年月を経てお口の中も変化しますので、定期的に義歯の調整にご来院ください。

当院でおすすめしている義歯

当院おすすめの義歯
以下は当院で扱っている義歯の一部です。他の種類の義歯もございますので、お問い合わせください。

金属床義歯

金属床義歯

顎とあたる部分を金属でつくった義歯です。保険治療でつくる全部がプラスチックの義歯よりも薄く、食感や温度を感じやすく、おいしく飲食ができます。使用している金属はコバルトクロムやチタンがあります。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

歯根が残っている場合に可能な義歯です。歯根に磁石を埋め込み、磁力を利用して義歯を固定します。脱着が容易で清掃性に優れ、強力な磁力でピッタリとするので、安心してかむことができます。

※こちらでご紹介しているのは、あくまで当院で扱っている義歯の一部です。お気軽にご相談ください。