予防歯科・MTM

MTM(メディカルトリートメントモデル)について

MTM(メディカルトリートメントモデル)について

MTMは、生涯健康な歯を維持するために考えられた予防プログラムです。
当院ではMTMによる予防プログラムを患者さんへ提案しております。

MTMでは、歯科衛生士が患者さんの口腔内をさまざまな角度から専門的に検査をし、その結果をもとに歯の病気の根本的な原因を取り除いていきます。そして、治療終了後も新たなむし歯の発症・歯周病の進行を防ぐため、更には健康な口腔環境を維持して頂くために、定期的に当院でのメインテナンスを受けて頂くことをお勧めしています。

当院のMTMの流れ

1.検査・カウンセリング(問診)

生活習慣のチェック 患者さんに問診し、生活習慣を確認します。
歯周組織検査 歯周病の進行の指標の1つである歯周ポケット(歯と歯肉の境にある溝)の深さを測定し、さらに口腔内全体の状態を確認します。
レントゲン撮影 1本1本の歯の状態や歯と歯の間のむし歯、歯を支えている骨の状態を確認するためにレントゲンを撮影します。
口腔内写真撮影 患者さんの口腔内の状態を記録するために写真を撮影します。
唾液検査 患者さんの唾液を採取し、むし歯菌(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌)の数や唾液の量をチェックし、むし歯になる危険度を確認します。

2.検査結果のご説明・再カウンセリング(相談・アドバイス)

図や撮影したレントゲン・口腔内写真を用いて、歯科衛生士が検査結果やお口の中の状態、むし歯や歯周病になる危険度・予防法などを詳しくお話します。その他気になったことなどありましたら、どうぞご相談下さい。

3.歯のクリーニング・ホームケア指導・フッ素塗布

日ごろの歯磨きでは落とせない歯石やバイオフィルム(細菌のかたまり)を除去し、きれいになった歯にフッ素を塗布します。むし歯や歯周病を予防するために口腔内の環境を整えます。

4.再評価

治療や指導、生活習慣の改善により、リスクが軽減されているか再評価を行います。

5.メインテナンス(定期健診)

新たにむし歯ができないように、また歯周病の進行を防ぐために、治療後も定期的に検診をお受け頂き、予防に最適な口腔環境を維持しましょう。

皆さんが一生ご自分の歯で食事をし、会話をし、微笑んで頂くためには、リスクコントロールとメインテナンスがとても大切なのです。
ぜひ、当院でMTMの予防プログラムをお受け下さい。