歯周病治療・口腔外科

歯周病とは

当院の歯周病治療

歯周病は日本の成人が歯を失う原因としてもっとも多い病気です。初期では自覚症状に乏しいため、気が付いた時にはかなり進行していたというケースが多いのです。

当院では重症化した歯周病の治療も行っていますが、そうなってしまう前に「予防」の大切さを知って頂き、定期的に歯医者でのチェックをお受け頂くようにお勧めしています。

歯周病の検査

歯周組織検査

歯周組織検査

専用器具を用いて計測します。歯周ポケット(歯と歯肉の境にある溝)の深さが4mm以上になると歯周病が進行していることになります。健康な場合は1~3mmです。

レントゲン検査

レントゲン検査

歯周病が進行すると、歯を支えている骨が溶けていきます。レントゲンを撮影し、状態を調べることができます。

歯の動揺度検査

歯の動揺度検査

歯周病によって骨が溶けると、支えの無くなった歯が大きく揺れます。歯を前後左右に適切な力で動かし、動揺度を調べます。健康な状態でも、ごくわずかに動きます。

細菌検査

歯周病菌は、歯のまわりの骨を溶かしてしまう菌や心臓に影響を与える菌など、特に悪影響を及ぼす菌が6種類あります。そして、どの菌が多いのかによって対処法が違います。当院では、それらの菌がどの程度あるのかを検査します。

歯周病の治療

歯周病の治療は、専用の器具を用いて歯の根の表面についた細菌や歯石を除去します。
また歯周病が重度に進行している場合は、外科的な治療を行うこともあります。歯肉を切開し、歯の根の深い部分に付いた細菌や歯石を除去する手術、失った骨を再生する手術など、患者さんの状態に合わせて行います。

レーザー治療

レーザー治療画像

レーザー治療は、痛みや振動が少なく、患者さんの負担を和らげ不快な音や恐怖感からの解放が可能となります。
虫歯治療や歯石の除去、口内炎や知覚過敏など、あらゆる治療に用いることができます。

口腔外科とは

口腔外科はむし歯や歯周病治療といった一般的な歯や歯肉の治療より、広範囲な部分に対応する診療科目です。例えば、難しい親知らずの抜歯やインプラント治療、事故による顎の骨折や唇のケガ、顎関節症など歯や歯肉以外の範囲であっても診察が可能です。

親知らずについて

親知らずについて

現代人の食生活はやわらかい食べ物が中心となり、食事の時に咬む回数が減ったため、顎が大きく成長しない傾向があります。そのため、親知らずの生えるスペースがなく、きちんと生えずに歯肉に埋まったまま炎症を起こしたり、ななめや横に生えてしまいブラッシング適切にできずにむし歯になったり、トラブルを起こします。さらに隣り合う健康な歯を巻き込み、歯並びに影響を与えることもあるのです。
そのため、抜歯に至る場合が多いのですが、まっすぐに生えた親知らずの場合は抜歯をしなくても済む場合もあります。 関根歯科医院では、難しい抜歯も含め、
親知らずに関してのさまざまな処置が可能です。 お気軽にご相談ください。

口腔外科で行われる診療

インプラント治療
インプラント治療には、歯を失った部分の顎の骨に専用機器で穴をあけ、人工歯根を埋め込むという外科手術をともなうため、口腔外科で対応しています。

インプラントの詳細はこちら

骨折や歯の再植
事故などによって口腔内をケガしたり、骨折したりした場合の処置を行います。歯が抜けてしまった場合の再植手術も口腔外科で対応できます

口腔がん
口腔内にあるできものが良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのか、検査を精密に行います。診断に応じて連携している医療機関を紹介いたします。

顎関節症
大きく口があけられない、痛みがある、顎がカクカク鳴るといった症状をともなう顎関節症も当院で治療を受けられます。